仲間意識が持てる人は健康で長生き!?

私は

がん経験者の会に参加して、
同じ体験、気持ちを共有し仲間意識の芽生えとともに
生きる意欲が湧き出しました。
生きていることの喜びも実感。

仲間なんだという気持ちとともに
心の健康を得たと思っています。

心の健康には治療効果があると感じてましたが
次の話でそれを裏付られました。

社会疫学という学問があり、そこでの研究では、
『繋がりのない人は、そうでない人に比べて寿命が短い』
という論文がたくさんあるそうです。

また、
孤立している人、家や仕事がなくて
社会での役割が感じられない人ほど
不健康になりやすいということを示す
研究もたくさんあるそうです。

そのとおり、
がん経験者の会で繋がりができて、
定期的な集まりに参加。

さまざまな実話を聴かせていただくとともに
その中で心地よさを感じていたのです。
気がつけば2年間も毎月欠かさず参加してました。

がんなどの重大な病を抱えている人や
そのご家族など関係者との繋がりには
単なる繋がり以上に意味深いものがあるのではないでしょうか。

とくに、その繋がりが、
信頼、尊敬や波長が合うなど良好なものであるとき、
健康維持にとって有効なものだと心から思います。

がん経験者の会というコミュニティに属して、
人に出会って繋がりが生まれ、楽しみも生じる。

繋がりはいまでは
リアルなコミュニティだけでなく
インターネットを通じた様々な繋がりが可能。

これらの繋がりが生きがいや心の健康に繋がっていって、
ストレスを乗りこえて元気に生活できていると思う。

649329

参考:
http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/16/021000005/021700013/?waad=abLZtgAl

 

 

Weak Ties(ウィーク・タイズ)でストレスに強くなれる!?

Weak Ties ウィークタイズは
「緩やかな絆」「弱いつながり」などと訳され、
「頻繁には会わないけれど、
尊敬し信頼する人との細く長い関係」を意味するそうです。

信頼できるウィーク・タイズがいる人は、
悩みを相談できることで、ストレスへの耐性が高まり、
うつなどのメンタル不調を防げることが多いという

この話をお聴きし、
さきもり-私の記録のネット交流の効用を思い、
至極、納得している。

信頼し波長が合う方との交流はたとえ、
年に数回しかお会いできなくても
双方向の日々のメッセージ交換によって、
特にストレスに苛まれているときには
確かにストレス耐性効果が実感できる。

これで病気予防ができていると感じる。

悩みを打ち明けなくても
それを配慮された話が展開されるのは
とても気分がいいもので
ストレスを忘れさせる。

信頼できて波長の合うかたと出会えたことに感謝。

また、
ウィーク・タイズは、
SNSなどインターネットとの親和性が高い、という。

このことも事実が裏付けています。納得です。

がん経験者の会ではSNSで短文交換もできますが、
むしろ私は比較的長文でしっかりメッセージ交換できるツールも選び
満足しています。
確かに時間と空間の制約が少なくなります。

 

ご参考:
http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/16/042200003/050100016/?waad=abLZtgAl