リモート診療は診療の基本基盤

リモート診療に求められるもの

リモート診療、これは時代の趨勢である。

移動せずに移動時間なく自宅ベッドから診察が受けられる。

時間だけでなく時間コストの削減が大きい。

セルフサービスは単に安価でいいという考えはもはや通用しない古い考えだ。
時間コストが無視されているから。サービス質低下もあり得る。不親切や過剰サービスのそしりが避けられないこともあろう。

 

診療すなわち病の治癒や検査で病院利用するケースには、「ひとりひとりを大切にする」ことが最も重要だ。
一般的ビジネスパーソン対象のビジネス出張旅費精算とは違う。

ひとりひとり事情が大きく異なる。それに沿った対応が求められる。

 

これにリモート診療がどう対応するか、対応できるか?

単にスマホやPCが使えればよいというものではないのは言うまでもない。

 

最近見かけるリモート診療機能は、初期ITツールを活用しているにすぎない。もはや陳腐化したテクノロジー利用に留まっていることが多い。

 

リモート診療は診療の基本基盤

数か月前に、リモート診療は対面診療を補完するものとする論説をみた。

これは現状、支持されることが多かろうと感じる。

しかし医者の視点に力点が置かれた論説に辟易した。

 

リモート診療は対面診療を補足するものではあるが、「基本基盤」である。

そうして患者が考える場、
主治医の助言だけに依存しない、「おまかせ」にしない判断の場である。

 

今求められるのはリモート診療を基本基盤にした治療だ。

 

遺伝子データの活用

患部、患者、つまり診察の対象は、例えば自宅ベッドなど医者と距離がある。
その中でリモート診療を利用するには?

 

遺伝子データは安全に送信できる。
遺伝子データを患者本人が保有しているならI/F問題に過ぎない。

問題は現状の遺伝子データをどう把握するか?

リモート診療で遺伝子解析ができないものか。
採血でできる可能性あり、
可能ならその解析結果をもとに診察が進められる。

 

これはリモート診療の準備となる。

既存の遺伝子データと現状の遺伝子データと
それらの解析結果は病対策や治療に非常に有効なはずだ。

まずは、そのヒトにあったそのヒトにふさわしいリモート診療を実行すること。
保険収載問題はつぎだ。患者にとって「命はカネよりも大切」だ。

 

こうして見ると、リモート診療には、

患者の顔色や声の調子だけでなく

その遺伝子解析結果(既存)と今の遺伝子状況把握のしくみが要る。

 

そうすれば

従来の治療がなし得なかったことが科学的根拠の下、実現できるかもしれない。

治療見直し、進化の機会が得られるかもしれない。

リモート診療は対面診療の前提

           ― 病になったらまずリモート診療

リモート診療では、

保有する遺伝子解析(既存)データをPCに入れる。

そして今の遺伝子データを入れる。

両者照合し遺伝子に基づく病対策・治療を行う。

 

こうしてみるとリモート診療は対面診療の前提とするのが適当にみえる。
無医村だけでなく病院が身近にあるときにも
時間猶予・余裕があれば、ありがたい。

対面診療前にリモート診療し、
さらに、必要性があり、患者が望むのであれば対面診療をやる。

こうして都会の人気病院の混雑がなくなり、
無医村であっても、適当な診療が受けられる。
ひとりひとりを大切にする病院だけが生き残れる時代がくる。

 

医者の診察治療も大きく変化することであろう。

病になったらまずリモート診療する。

必要なら対面診療、検査など治療実施する

医者のお任せにしない診療の場

リモート診療は治療の基本基盤となる。

 

これを実現するには遺伝子データバンクが要る。必須だ。

個人データ保護規制を勘案し、
自分の遺伝子解析結果は自らすすんで預けるのが基本。

そうして預けられたものであれば規制の対象にはならないが、
いつものように規制が邪魔するかもしれない。
しかしやがて自然に拡がるに違いない。

もはや公機関の規制・統制は

新たな考え方の下、実行されなければ

時代に合わないもの、通用しないものになっている。

ひとりひとりに寄り添えない規制は邪魔でしかない。

 

 

リモート診療は対面診療を補足するものではあるが、「基本基盤」である。

そうして患者が考える場、
主治医の助言だけに依存しない、「おまかせ」にしない判断の場である。

繰り返すが、今求められるのはリモート診療を基本基盤にした治療だ。

これは夢物語ではない。少し先のことに違いない。

特効薬ができてしまったら

光免疫療法の治験結果はどうなった?

光免疫治療の治験結果が見当たらないのはなぜか?
がん患者としてはかなしい。
それは副作用がないにひとしく、自由診療のわりに比較的安いから。
そしてなにより免疫治療の自前の知見に照らして高い有効性が期待できるから。

自分にあっているかどうかは別問題、しかしやってみる価値があるので公表を待ち望んでいた。

しかし、手を尽くして探し回ったが、確たる治験結果は見当たらなかった。

今、まさに藁をもつかんでも助けがほしい患者の心を
踏みにじるやり方に辟易する。

がん患者が待ちわびていることをわかっているはずなのに治験結果公表を先延ばしする、強く憤りを覚える。

そんななか、また治験が始まるとの情報。

今度は国際的な枠組みの中での取り組みと聞く。

もはや、日本だけに任せられないと世界が看做しているかのようだ。
ことの重要性を示しているともいえる。

患者のことを忘れずにいてほしい

免疫チェックポイント阻害剤として脚光を浴びたオプジーボ治療は、深くて複雑な問題をはらんでいることが知られている。
薬価の急降下問題、保険適用を意識しすぎた治療方法問題など思い起こすとかなしくなる。
いずれにしても、治療をみずからの体で受け止めるのは、患者である。
患者のことを忘れずいてほしい。

治験制度見直し

特効薬のような有効性の高い治療が出現したら、患者を含めた周知を集め統合してその治療をさらなる高みに導くしくみがほしい。

AI(人工知能)は今やその周知のなかでも最も有力なドライバーだ。
さらに、iPS細胞もそうだ。

がん患者がそうであるように、
患者が治験を実施すること自体を知る機会が少ない。
不意を突かれたように古新聞で治験があることを知る。

なぜそうなるかはともかく、
その結果の公表がきちんとなされないのは大きな問題だ。

治験実施元は、治験に最適な患者をリクルートしたいが、
日本では個人情報問題が絡んでリクルートがひろくできていない状況ときく。

これは患者にとっては由々しきこと。

しかし今の日本ではこの問題が放置されたままになっている。

治験はだれのためか?

「病院は患者のためにある?」
これは病院の社会的意義をシンプルに問うもの。
このこたえに疑問の余地があるであろうか?

病に悩み苦しむヒトを救う、命を救う、これが病院の役割ではないのか?

では、治験はだれのためか?

難治病の治験はだれのためか?

難治病になってしまって行き詰まっているヒトに、治験は救いの光を届けるようなもの。ここでは間違いなく難治病患者のためにある。

一方、新治療開発に関わるマスコミ報道を見るにつけ、
関係者の紹介になんと多くのスペースを使っていることか。
開発者の真意を超えて売名行為のように見えるのはかなしい。

iPS細胞利用進化に期待

iPS細胞利用は、現在、網膜や心筋の再生医療で脚光を浴びている。
一方、AIを利用したがん遺伝子解析の治験が進んでいるなかで、
iPS細胞利用に新たな展開が期待される。

遺伝子解析で明らかになった異常な遺伝子の正常化を指向する研究や実験での利用だ。

たとえば、iPS細胞を利用すれば、
治験実施に伴う従来の倫理的問題などを超えて研究や実験が進められるようだ。

iPS細胞レベルで異常な遺伝子の正常化実験を行い、
その成果をもとに治験に臨む。

iPS細胞レベルでの治療効果が、ヒトの場合に近い環境で確認された後、
ヒトによる治験がなされれば迅速な成果に繋がる可能性が高い。

これは、藁をも掴んで一刻でも早く助かるのを待ち望む者にとって
大きな朗報となる。

『特効薬ができてしまったら』

安価で副作用のない特効薬のような治療ができたら、
患者は間違いなく大喜びし苦しみから救ってもらうため病院に向かう。

がん患者なら抗がん剤治療など効き目の少ない治療の副作用に苦しめられることから解放される。

少し効いたとヌカ喜びがあっても根本的に治ることが極めて少ない治療を薦められ、それに高いカネを払って患者は治療を敢行する。その結果、その病院主催の患者会で慰められる。
これまで平然とあったこんな構図はなくなるに違いない。

問題は患者以外の利害が絡む横やり・妨害だ。
投機的にがん治療開発に投ぜられた資金は膨大だと聞く。
この膨大な資金回収のため、妨害行為がうごめくに違いない。