運動がなぜいいか?

要旨

ストレスに強くなる。

糖尿病が予防・治療できる

動脈硬化予防できる。

ストレスに強くなる

運動してストレス解消!などという声をよく聴く。
確かに運動した後にスッキリ感を味わうことが多い。
そのメカニズムについて調べてみた。

運動は自律神経が興奮するのを抑えてくれる。
ストレス反応の暴走を抑え脳の構造を変える
という。

脳の延髄は扁桃体と自律神経を繋ぐ場所にあるが、
運動をすれば、延髄の神経細胞の突起数を減らし、
扁桃体で受けたストレスを自律神経に伝わりにくくする。
そのためストレスを受けても自律神経に影響が伝わらなくなる。

つまり、運動をすれば自律神経の過剰興奮を抑え、
運動しなければ自律神経はどんどん敏感になって
少しのストレスでも大げさに自律神経が反応するようになる。

さらに、延髄は副腎にも繋がっているため、
運動すればストレス信号が副腎に伝わりにくくなり、
多少のストレスではストレスホルモンが出なくなるという。

つまり、運動によって脳の構造が変わりストレスに強くなるわけです。

ストレス対策の運動のポイントは…

息が少し上がる程度のウォーキングなどの有酸素運動を30分、週3回体に少しの負荷をかけるとよい、とされています。

時間がない方は、通勤の時に少し早く歩くなどでも良い。

糖尿病が予防・治療できる

運動で筋肉を動かせば、糖の利用が増えて、血糖値が下がります。
そのため運動療法は糖尿病対策の重要な柱となります。

運動には、酸素のとり方の違いから有酸素運動と筋トレがありますが、
どちらも血糖値を改善します。

近年の研究から、理想は両方を併用することだと分かってきています。

あえて2つを比較するなら、有酸素運動の方が効果が高い。

このことを証明する以下の研究があります。

糖尿病患者262人を対象にした米国で行われた研究結果によれば、
次の4グループに分け、
筋トのみ(73人)、
有酸素運動のみ(72人)、有酸素運動と筋トレ併用(76人)、
運動なし(41人)
それぞれ血糖値の指標であるヘモグロビンを測定。
結果、

ヘモグロビン低下の大きい順、つまり効果が高い順は、「有酸素と筋トレ併用」>「有酸素のみ」>「筋トレのみ」であった。(JAMA. 2010; 304: 2253-62.)

また、

もっと多くの患者データを解析した別の研究でも、
血糖値に対する運動の効果の高い順は「有酸素と筋トレ併用」>「有酸素のみ」>「筋トレのみ」となりました(Diabetologia 2014; 57: 1789-97.)。

糖尿病はサイレント・キラー

糖尿病は自覚症状がほとんどありませんが、
高血糖の状態が血管や神経にダメージを与え、やがて網膜症(悪化すると失明)、腎症(悪化すると透析が必要)、神経障害(悪化すると下肢などを切断することも)といった深刻な合併症を引き起こすことに繋がります。

糖尿病になると、体の内部がじわじわとむしばまれ、やがて致命的な事態に至ります。このため糖尿病は「サイレント・キラー」(静かなる暗殺者)と呼ばれています。

このような恐ろしい病の治療として、血糖値を下げるため運動しない手はありません。

動脈硬化予防できる

私たちの血管にある内皮細胞には、もともと血液が固まるのを防いだり、血管を拡げるなど動脈硬化を防ぐさまざまな働きがあります。
この「内皮細胞」と呼ばれる部分からは一酸化窒素が出ますが、

この一酸化窒素には血管を拡張し、しなやかにすることで、動脈硬化を防ぐ作用があります。

有酸素運動には一酸化窒素(NO)の分泌を増やし、血管を拡張させる作用があります。

どの程度の運動がよいのか

65歳以上の5000人を対象に15年以上にわたり調査研究した結果では、
「1日8000歩・(そのうち)中強度の運動20分」という報告があります。

とはいえ、「適度な運動」についてはさまざまな情報があり、人それぞれの生活パターンをもとに決めることになります。そのとき、すでに行われた上記調査のようなものは参考になります。 

<広告>



ストレスは「悪」か

テレビ報道などではキラーストレスが話題になっている。
そこではストレスは悪い者、「悪」というイメージがある。

しかしそうだろうか?
ストレスとがんについて考えてみたい。

がんとどう向き合うか

がん宣告をどう受け止めるか?がん患者会ではよく話題になるテーマだ。
そこにはがんはストレスを与えるものだからそれにどう向き合うか、どう向きあったか、語られる。

向き合い方には大きく二つある。
ひとつは、退治する、やっつける、戦う、モードだ。
こうひとつは、挑まない、戦わない、ともに生きる、モードだ。

がんと戦うと疲れる。多くのエネルギーが要る。
そんなことよりがんを受け入れてともに行く道を私は選んだ。

ともに行くには生活の障害になっては困るから、ある一線まで退いてもらないといけない。そのためにがんを抑える、抑制する処置はしたが根治を目指したわけではない。

さまざまな情報は、今は根治などできないと知らせてくれていることもあるが、がんが「悪」と決めつけたわけではないからだ。

がんは「悪」などではない

がんを意識するようになって、世の中や日常の出来事が今までとは違った角度から見えてきた。多くのがん患者が経験することでもある。

たとえば、
こんなところにこんなに美しい花が咲いている。それまで気づかなかった小鳥のさえずりが聞こえてきた。自然に生きる喜びを味わえた。
こんな喜びを与えてくれたことに感謝する。

このように、がんは「悪」などではない。
むしろ、新しい素敵な「生」への扉を開いてくれたようなものだ。

ストレスは恋人

ストレスについても、一般に「悪」というイメージがついているのではないか。キラーストレスということばには特にこのイメージが強い。

しかし一方では、優勝を目指す監督が「ストレスは恋人だ。ストレスと恋愛しているようなもの。」と言っておられる。

この場合、単にストレスマネジメントしているだけなのか、それともストレスは嫌いではないと心から言っているのか?

後者と考えたい。

ストレスとどう向き合うか

人はある目標を定めて突き進むとき、
ストレスを感じることが多いのではないか。

つまり、目標が現状の自分には手が届きにくいもののとき、
目標のためやり方を変えて自らの自然な行動とはちがった行動をとると、ストレスが生じるのではないか?

この場合、目標≒向上心がストレスの原因とも云える。
つまり目標がなければストレスも生じない。

でも世の中では目標がないわけにはいかない。ビジネスの世界では特にそうだ。だからストレスは避けられない。

ではどうストレスに向き合えばいいのか?

「ストレスは恋人だ。ストレスと恋愛しているようなもの。」と言った人は
多くのファンに喜びを与えることが目標であり、それがストレスの原因。

優勝することは自分の使命であると同時に多くのファンのためでもある。

大きなストレスが体を蝕んでも、多くのファンのために自分の健康など個人的事情を犠牲にする。これは単に利他のためにやっているだけではない。そこにはストレスとともに雄々しく生きる姿がみてとれる。このときストレスは愛する恋人。ともに行く友のような存在だ。

総じて、がんもストレスも「悪」とは限らない。ともに人生を行(い)ってくれる友のような存在だ。いっしょにいってくれる友とは仲良くゆきたい。

<スポンサーリンク>