放射線による治療・検査被ばく、その現実と心構え

がん(以下、G)とともに約10年過ごした。

 

さまざまなG対策があるなかで、G胞を確実に破壊できると納得したものはたった一つ。放射線治療だけだ。残念なことだが現実です。

 

しかしこの放射線治療にも課題・問題がある

 

一般的な病院で行われる放射線治療は、G細胞破壊とともに周辺の正常細胞も傷つけてしまう。このことは副作用の問題としてよく取り上げられる。

 

ここで本当の問題は

この傷ついた正常細胞がそもそも回復するのか、
また時間経過とともにどの程度回復するか、について、
きちんとした一般的ガイドに出合ったことがないこと。
その上、この回復度は治療を受けた患者とその担当医との問題、
すなわち個別問題とされていることです。

一般に細胞が傷ついて時間が経つと回復するものだが、
一旦傷ついた細胞が元に戻るとは限らないことも、ものの道理。

この道理を踏まえてガイドしてくれるものに出合ったことがない。

つまり、放射線治療では、正常細胞も被ばくし傷つく。
しかしその傷がどの程度の被ばくならどの程度回復するのか、探ろうとしても暗中模索の状態なのです。個人的問題とされています。

 

 このことを踏まえて治療に臨む勇気・心構えが少なくても今は要る

 

このことは、CT検査など放射線を使った検査による被ばく問題も同じです。

 

治療よりも低線量とはいえ、被ばくで細胞が傷つくのは確実。

それがどの程度被検者にダメージを与えるのか、

どの程度、経てばどの程度回復するか、
どの程度の被ばくなら許されるのか、
明らかにしたガイドに出合ったことがない。

 

これは、何年にも亘ってCT検査を受けている人にとっては重大な問題。

Gに罹患しサバイバーとなって毎年CT検査でチェックしている人がいる。

 

の場合、きちんとしたガイドがないのです。

 

CT検査の実施判断は被検者の判断とはいえ、
主治医などと相談すると 比較衡量論が持ち出されるのがよくあること。

 

しかし、ここで比較衡量論を持ち出すのは適当だろうか。

なぜなら検査すれば細胞が傷つけられるのは確実だから。

 

このことは原子力発電所など被ばく関連施設においては

被ばく総量規制など既にガイドが定められ実運用されていることと、

バランスを失するのではないだろうか。

 

こうしてみると、
G早期発見のため放射線検査は必要。
しかし今はできるだけ最少限にとどめるのか適当ということになる。

 

たとえば、超音波エコーやMRIとの代替、
CT検査でも低線量CTで代替できないか考えてみてはどうだろうか。

病の治療方法を自分で決断するには

人に備わっている本来の防衛機能≒免疫システムが再び一層、注目されている。

ひと昔前から遺伝子が注目され、それに着目してがん遺伝子を狙い撃ちする方法が行われてきた。がんの目印を見つけ出してそれを「叩く」「破壊する」「アポトーシス」する。これらは免疫システム本来がもつ攻撃手法を自然に活かすもの。副作用はほとんどきいたことがない。あっても軽微なものでした。

一方、今回免疫システムが注目を浴びるきっかけになったのは、さらに見方を変えて、免疫システムがもつ免疫チェックポイントという自然な機能を利用してがん細胞が生き延びようとするのを阻止する手法だ。これは免疫チェックポイント阻害剤による。
これも人間の持つ免疫システム本来の機能を補強しているとは云え、本来の仕組みを止める・本来の仕組みとは反対の動きをさせるもの。ここに考え方の転換がありすばらしい発想ともいえる。
しかし副作用が多発、かつ重篤なものもあると知り、閉口してしまう。

こう考えてくると両者を組合わせた治療が最強のもののように見えるが、その恩恵を享受できる人は非常に限られることになる。まさに治療とは命がけ・賭けになる。よほどの慧眼がない限り避けた方がいい治療といえそうだ。

とすると、一般には、がん目印を見つけ出してそれを叩く手法が比較的安全に効果を享受できる治療といえそうだ。
その際、iPS細胞の活用や遺伝子組み換えをキー手法とするものもある。
しかしどちらも人間本来が持つ体の仕組みを変える、しかも一時的でなく変えてしまうことに今のところ危険性を禁じ得ない。

いづれにしても大切なことは、

もはや治療は医者におまかせの時代ではなくなった。
自らに施す治療の最終判断は自分自身にあることだ。
自分が納得して判断するためには、
治療などについて自分なりに理解していなくてはならない時代になっている。
特に、がん治療についてはそうだと経験知から云えます。