がんの目印発見を心から喜ぶ

ある「がん目印」を新たに知った。
「ネオアンチゲン」という目印。

免疫治療では
このがん目印が大切なことだと常々思っていた。

少なくても私には
新しいがん目印の発見を心から喜び、
その研究成果に敬意を表する。

免疫系(免疫細胞)が
このがん目印が立つ細胞を攻撃して破壊する。
これが免疫治療だと私は理解してきた。

その前に「がん目印をがん攻撃細胞に教える。」
このことが最も大切なことと思っていたが
既知のこと・確立されたことのように
説明されていたのも嬉しい。

臨床試験を経て
多くのがん患者を救う日が待ち遠しい。

今は、すべてのヒトの細胞遺伝子を解析
できるようになった。
ITテクノロジーと統合された力で
免疫治療の先に
がんワクチンへの太い道が開かれるのを期待する。

このがんワクチンは
がん予防できる時代の到来を予感させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です