たかが咳、されど咳 止まらない咳の原因は?

食道がんの手術で食道がすべて無くなった。
さらに胃も1/3ないことが最近わかった。

手術は有効な治療とはいえ体に大きな負担となる。
負担は手術・入院中だけではなく
日常生活を送る上で様々な困難を引き起こす。

そのひとつが「咳」だ。

咳は不意に出る。我慢などできない。

咳には痰を外に排出する役目もあるというが
大病していると痰は何かの予兆かと考えてしまう。

主治医の病院で痰検査していただいたが
緊張した。

痰の肺炎検査結果がわかるまでに約1カ月かかった。
痰を培養する時間が必要だからだそうだ。

特に気になるのは逆流性食道炎関連。
痰検査を受けたきっかけだ。

胃液が逆流してくると
睡眠が妨げられるだけでなく
数日後に痰に血が混じることがある。
それで大騒ぎして検査することになった。

対策として
夕食は少なくても寝る2時間前までに
済ませるようにしたいとは思うが、
実生活では難しい。

この2時間を切ってしまったら、
病院からもらった逆流対策薬を備えておいた上で
食事量を減らすなどで調整し、
事なきを得ている。

手術は大きな負担になって日常生活に長い影を落とします。
こんな日常生活にならないよう、新しい治療が開発され
手近な存在になる日が来てほしい。

咳でお悩みの方は
たかが咳だが、たいへんなことが隠れているかもしれません。

早期発見、早期治療が大切だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です