放射線治療に期待する

ここ数年のがん治療のなかでは、
放射線治療にものすごく期待している。

放射線機器進化が著しいばかりだけでなく、
昨年(2016年)、次の事実に出合ったからだ。

こんなことをいうと、
おカネをもらって発信しているのではないかと
勘繰られるかもしれない。

そんなことはありません。
ご心配なく。

しかし次の事実をお伝えしたい。

がん治療において大切なことは、
患者の身体的負担を如何に軽くするか。

放射線治療ではがん細胞だけを
ピンポイントで攻撃・破壊することによって、
正常細胞破壊による患者負担を減らす治療が進んでいます。

陽子線や重粒子線による治療が始まってから久しい。
その多くの成果を耳にするなかで、
がんサバイバーのかたが選択された治療の中に
これが含まれていたことが印象深い。

がん細胞をピンポイントで攻撃・破壊できて
しかも身体的負担が少ない。
『量子メス』の実現に、さらなる身体的負担軽減を期待したい。

ただし、この治療には現状、
まだ比較的大きな装置スペースが必要なので
都会の一般的病院ではできない。
またまだ費用もかかる、富裕層向けとみている。

また、従来型の放射線治療でも、
患者身体負担を減らす取り組みの恩恵を
すでに享受している事実を耳にできた。

放射線機器・テクノロジー進化と
医療とのコラボレーションに期待する。

なお、関連記事:
重粒子線によるがん放射線治療進化。「量子メス」
「患者視点からの放射線治療に関する雑学」その1~5
数年後に出る!抗がん剤や放射線治療の執念深い副作用 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です