Weak Ties(ウィーク・タイズ)でストレスに強くなれる!?

Weak Ties ウィークタイズは
「緩やかな絆」「弱いつながり」などと訳され、
「頻繁には会わないけれど、
尊敬し信頼する人との細く長い関係」を意味するそうです。

信頼できるウィーク・タイズがいる人は、
悩みを相談できることで、ストレスへの耐性が高まり、
うつなどのメンタル不調を防げることが多いという

この話をお聴きし、
さきもり-私の記録のネット交流の効用を思い、
至極、納得している。

信頼し波長が合う方との交流はたとえ、
年に数回しかお会いできなくても
双方向の日々のメッセージ交換によって、
特にストレスに苛まれているときには
確かにストレス耐性効果が実感できる。

これで病気予防ができていると感じる。

悩みを打ち明けなくても
それを配慮された話が展開されるのは
とても気分がいいもので
ストレスを忘れさせる。

信頼できて波長の合うかたと出会えたことに感謝。

また、
ウィーク・タイズは、
SNSなどインターネットとの親和性が高い、という。

このことも事実が裏付けています。納得です。

がん経験者の会ではSNSで短文交換もできますが、
むしろ私は比較的長文でしっかりメッセージ交換できるツールも選び
満足しています。
確かに時間と空間の制約が少なくなります。

 

ご参考:
http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/16/042200003/050100016/?waad=abLZtgAl

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です